介護トピックス

介護の情報や話題をお届けします

サービス担当者会議とは

介護保険制度において、ケアマネジャーが開催しなければならないと定められた会議のこと。

担当のケアマネジャーを中心に、介護サービスを提供する事業者、利用者、その家族、かかりつけ医などが集まって、各々の立場から意見を述べサービスを検討します。

目的

利用者の状況に応じて、そこに関わる関係者全員があらゆる情報を共有し、意見し、理解を深めることにあります。

開催時期

原則としてケアプラン作成・変更時、要介護認定更新時、要介護認定区分変更時、継続して福祉用具を利用する場合に開催されます。

他に、以下のような場合にも開くこととされています。
1.介護保険サービスを新規に利用するとき
2.現在利用中の介護保険サービスの変更を希望したとき
3.長期の入院後や家庭環境に大きな変化が生じたとき
4.利用者・家族・介護サービス事業者より開催を求められ、介護支援専門員が必要であると判断したとき



参加者

基本的にケアプランに関わる者全員が参加対象です。

・利用者本人およびその家族
・介護支援専門員
・主治医(かかりつけ医)
・各サービス事業者(ホームヘルパーやデイサービス担当者など)

 

その他

開催の形式は「会議形式」で行うこととされています。

開催場所は特に指定されているわけではありません。
利用者本人の居宅で行うことが最良とされていますが、会議構成員全員が適切であると判断できる場所であれば、特に問題は無いと思います。

会議に参加できない参加対象者へは「文書形式」による照会を求められています。

081591.jpg

参考サイト

公益社団法人かながわ福祉サービス振興会

介護保険制度 介護認定 保険料率 医療保険
ケアマネジャー~真のケアマネジャーになる!~
居宅ケアマネジャー実務支援サイト  ケアフリー

厚生労働省 サービス担当者会議の位置づけと目的(pdf)

タグ:

Copyright(c) 2014 itabashi-kaigo
トップに
戻る